コンテンツ

水道工事を行うにあたって必要な資格

トイレ 水漏れをはじめとして、水回りのトラブルはどの家庭でも発生する可能性があります。そのため水回りの工事業者は日本各地で営業をしています。信用できるところかどうかを判断するためには、業者や担当者がどのような資格を持っているか確認をすることが大切です。

■水道局指定工事業者かどうか

トイレなど水回りの修理をお願いするにあたって、まずは水道局の指定する業者かどうかをチェックするようにしましょう。水回りは水道局の管理する給水管から水道を引くことで成り立っています。もし正しい知識を持っていないと、水道管を傷つけてしまって最悪破損させてしまう恐れもあります。破損すると自分達だけでなく、近隣住民にも迷惑をかけてしまうかもしれません。だからこそ必要最低限の修理に関する知識を持っている水道局指定業者を選ぶことが必要です。ただし指定を受けていると必要以上に強調している業者には注意をしなければなりません。なぜなら指定を受けるためにはペーパーテストに合格すればよく、必要な資格であることは確かな半面、これだけでは十分安心だと判断できない側面もあるからです。

■どのような資格を持っているといいのか

では業者がどのような資格を持っていると、安心して工事を任せられるのでしょうか。いくつかチェックしておくべき資格があります。まず給水装置工事主任技術者とは、給水装置に関する従事だけでなく、指導監督のできる国家資格です。次に排水設備の指定工事店に任命されるためには、下水道排水設備工事責任技術者の資格を持った人が在籍している必要があります。下水道のトラブルで修理をお願いする場合には、こちらの有無はチェックした方がいいでしょう。その他にも水道技術管理者の資格の有無もチェックすべきポイントになります。水道技術管理者は水道事業を営むにあたって必要不可欠な技術面における責任者です。キッチン周りなど衛生的で安全な飲料水を提供するための維持管理業務を担当する人たちです。

■まとめ
水回りの修理などを行っている業者の中には、必要な技術力を伴っていない悪徳業者も一部あるのは否めないところです。稚拙な工事を行ったことで症状が改善しない、別のトラブルが新たに起きるなどの問題も時折見られます。このような問題に巻き込まれないようにするためには、依頼しようと思っている業者に十分な技術があるか見分けることが大切です。まずは専門の資格を有しているかどうかを確認しましょう。資格を所持していれば、ホームページやチラシのどこかに記載があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ